toggle
JAHIは、超高齢社会における健康寿命延伸とヘルスケア産業育成の実現を目指す、ヘルスケアに関する有識者、産業、関係者が集まった民間唯一の団体です。

機能性表示食品フォーラム

2016年09月26日

平成28年9月19日 朝日新聞社主催の「機能性表示食品フォーラム」が、消費者庁、日本チェーンドラッグストア協会、一般財団法人日本ヘルスケア協会後援のもと、有楽町朝日ホール(東京)にて開催されました。
「知って得する未病対策!毎日の食事で健康を考えよう!」をテーマに、昨年4月より始まった機能性表示食品制度について、講演とパネルディスカッションを通じて一般消費者にも理解を深めていただくイベントで、ほぼ満席の700名近い参加者で関心の高さがうかがわれました。
第1部では、日本ヘルスケア協会の部会長で東海大学医学部附属八王子病院健康管理センター長の高橋英孝先生が「保健機能食品を知っていますか」と題し基調講演を行いました。特定保健用食品(トクホ)や機能性表示食品の有効活用術について、健康診断の受け方や生活習慣や食事の注意を解り易く説明されました。
第2部は企業講演で「機能性表示食品の開発の裏側、その有効成分について」日本水産株式会社 関口氏とアサヒグループ食品株式会社 桜井氏の講演がありました。
第3部はパネルディスカッションで「機能性表示食品の意義について・賢い消費者になるためのコツ」をテーマに商品の選び方から注意点など、一般消費者の関心の高い内容について討議が行われました。
登壇したJACDS宗像事務総長は「機能性表示食品は薬ではなくあくまで『食品』であることを忘れないでいただきたい」と注意を呼びかけ、「ドラッグストアでは登録販売者や専門知識を持ったスタッフの教育にも注力しお客様が気軽に相談しやすい環境を整えている」と説明しました。
当日は、同会場内にJACDSと日本ヘルスケア協会の協力監修のもと「協賛企業ブース」が設けられ、最新の機能性表示食品の情報がパネル展示され、食品の展示も行われました。また、パソコンを使って脳年齢をチェックするテストや血圧測定ができるコーナーには長蛇の列ができるほどの盛況ぶりでした。

【プログラム】
開会挨拶 新たな健康概念「未病」と、機能性表示食品
大谷 泰夫(前内閣官房参与、一般社団法人日本健康生活推進協会理事長)
第1部 基調講演 「保健機能食品」を知っていますか?
 高橋 英孝(東海大学医学部附属八王子病院健康管理センター長 医学博士)
第2部 企業講演 機能性表示食品の開発の裏側、その有効成分について
 関口 洋一(日本水産株式会社 取締役常務執行役員)
 桜井 容子(アサヒグループ食品株式会社 部長)
第3部 パネルディスカッション
    ・機能性表示食品制度の意義について
 ・賢い消費者になるためのコツ
 ゲスト:中島史恵
 大谷 泰夫(前内閣官房参与、一般社団法人日本健康生活推進協会理事長)
 川口 康裕(消費者庁 次長)
 高橋 英孝(東海大学医学部附属八王子病院健康管理センター長 医学博士)
 宗像 守 (日本チェーンドラッグストア協会、一般財団法人日本ヘルスケア協会 事務総長)

01 

02